成人病と食生活について

成人病と食生活について

糖尿病や高血圧症などの成人病と食生活は密接な関係があります。好きな物を食べたいという気持ちは分かりますが、ひとたび糖尿病にでもなれば、厳しい食事制限が待っています。そうならないために、成人病と食生活の繋がりを見ていきましょう。

成人病と食生活の繋がり

成人病は現在では生活習慣病と呼ばれています。成人病の成人とは、20歳のことをあらわしているのではなく、働き盛りにある年齢のことをあらわしています。このくらいの年齢層の人に、成人病に該当する病気が多く出てくるようになることから、このような名称がつけられました。ただしその後、そうした病気の発症のいちばんの原因は年齢ではなく、生活習慣であると言うことが明らかになったために名称の変更が行われたと言う経緯があります。この生活習慣の中でも、特に成人病との関係が深いとされているのが食生活です。人間の体は食事で摂取したものからできていると言っても過言ではありませんから、これは当然のことかもしれません。食生活に関しては、食事方法と食事内容のふたつに分類することができます。まず食事方法ですが、早食い、食べ過ぎは成人病を引き起こす可能性を高くする要因です。早食いは血糖値を高くして糖尿病を引き起こす要因になることが考えられますし、食べ過ぎは肥満につながる要因です。そして肥満は、あらゆる成人病を引き起こす危険因子とされています。次に食事内容ですが、成人病のことを考えるのであれば、糖質、脂質、塩分の摂取量には注意が求められます。糖質は糖尿病に、脂質は肥満や動脈硬化に、そして塩分は高血圧につながるためです。現在ではあらゆる食品や、外食のメニューにこれらの量が明記されていますから、その情報を上手に活用することが求められます。そして同時に、野菜や魚を積極的に摂取することも必要です。野菜に含まれているビタミン、食物繊維には健康維持に必要不可欠な栄養です。また魚に含まれている栄養には、体の余分な塩分を排出する効果や、血管を健康に保つ効果、血流を促進させることかなどが期待できます。こうしたことを踏まえた食生活を送ることが、成人病予防のためには必要です。

成人病の兆候を探る

成人病は大人になるとかかりやすくなる病気として知られるようになっており、近年になって生活習慣病としてより多くの病気を含んで知らしめられるようになりました。三大成人病と呼ばれたがん、脳血管疾患、心疾患は死に至るリスクも高い疾患として知られており、その予防を行うことが大切であるということは広く知られるようになっています。その予防を実現するためには三大成人病のような重篤な疾患を合併してしまうような、初期に多い成人病の兆候に敏感になっておくことが大切です。初期に多い成人病として典型的なのが高血圧、脂質異常症、糖尿病であり、肥満を伴うこともしばしばあるのが特徴です。しかし、高血圧、脂質異常症、糖尿病のいずれも初期には兆候がなかなか表れてこないというのが事実であり、自覚症状から判断するのには困難が伴います。肥満であるというのはどの疾患のリスクにもなることから、最近太ってきたと感じたら兆候と感じて検査を受けると安心でしょう。血圧測定と血液検査、尿検査を行えばこれらの疾患についての有無を診断してもらうことが可能であり、それによって問題がなければ予防のためにダイエットをしていけばよいということになります。もし疾患が見つかった場合には生活習慣の見直しをして食生活や運動習慣、タバコやお酒といった点に注意した生活を送っていくことになるのが一般的です。状況によっては自覚症状がないのに意外に深刻な高血圧や脂質異常症ということもあり、その場合には薬による治療も行われます。一方、肥満もなかった場合には糖尿病の場合には進行すると手指や足にピリピリとしたしびれを感じることがあり、それを兆候として捉えることができることも覚えておくべきでしょう。

成人病と食事制限

成人病とは現在は生活習慣病と呼ばれており戦時中までは肺炎や結核が日本人の死因を占めていましたが、戦後に抗生物質などにより健康状態が改善されていき、その後は脳疾患やがん、心疾患にとってかわりました。主に加齢が原因に思われていたため成人病と呼ばれていました。成人とは二十歳くらいではなく四十歳以降を指しています。しかし、原因が生活習慣や食生活が原因になるため生活習慣病という名称で呼ばれるようになっています。主に昔ながらの米や魚と野菜という食生活が変わり、肉や脂が多く菓子類が多くなるような食生活に変わってしまい、塩分などが過剰摂取になり肥満が中年以降に多くなったことで増えてきました。また肥満が成人病の原因の一つに入る考えがあるため、食事制限や和食中心になる食生活に正す方向が生まれています。成人病の原因の中のがんには肺がんがあり喫煙が原因になるため海外を中心に禁煙方向での改善を求められています。食事や運動不足であらためられるため、糖分などもうまく血糖値ではなく代謝がいいバランスに変えることで糖尿病や高脂血症を予防できます。また欧米では菜食主義者の方がこれらの病気になりにくいという結果が出ています。食生活ががんの原因の三割だといわれており糖尿病や高血圧がはじまりになるため食事制限は有効な改善手段になります。これらの脂肪分の多い食生活でコレステロールがたまり血液の流れが悪くなり、心臓に関する心筋梗塞などの疾病の発症につながります。食生活が悪くなるとすべて血流に関わってくると脳卒中が食生活が原因ということがあります。成人病から生活習慣病という名にかわったように生活習慣を改善すれば、これらの三大疾患を食い止められるということから来ているので食事制限で正していくことができます。

☆食事制限をしつつも、つい食べ過ぎで胃が痛い時はネキシウムで治しませんか?